おせち料理は日本の伝統料理

おせち料理と言うのは正月3が日の中で食べる料理として古くから作られている日本の伝統料理の1つでもあります。最近は家の中で手作りを行うケースが少なくなっていますが、市販のおせちを購入しても、いくつかの料理だけは家で作ると言う人が多いのが特徴です。これは伝統を守る意味においても重要な事ですし、このような料理と言うのは地方により食材が異なっていたり、家により味付けが異なるなどの特徴もあるのです。なお、正月の3日間で食べる事もあり、日持ちがするように比較的味が濃い目に作られているのが特徴でもあるのです。